DO!建

DO!建

山口県山口市の建築会社、鴻城土建工業株式会社の公式ブログです。
公共事業から注文住宅まで幅広い事業を営む創業約130年の老舗会社が、現場から最新情報をお届けいたします。学校ってどう作っているんだろう?家の壁の中はどうなっているの?興味のある方はぜひご覧ください。
懐かしい山口県の写真がたくさん載っている公式HPもよろしくお願いします!

Entry: main  << >>

山口県立大学3号館新築工事

去る令和2年3月、

安藤・間・協和建設工業・鴻城土建工業特定建設工事共同企業体の一員として施工しておりました

「山口県立大学3号館新築工事」が2年の工期を経て無事、竣工いたしました。

今回は、この完成写真をご紹介したいと思います。

 

 

山口県立大学は、山の斜面に広い敷地を構えている大学で、

今回の工事はそのうちの「3号館」に当たる部分です。

鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造の

5階建という大きな建物ですが、斜面の敷地を活かしたつくりとなっています。

 

まずは全景から。

角丸面取りが施されている、いくつもの特徴的な外壁孔が柔らかいイメージの前方の部分と、

カーテンウォールで近代的なイメージのガラス面のある、後方の建物。

実は、一つの建物なんです。

山側から見ると、1階2階の部分がくっついているのがわかります。

斜面に建っているので、1階はほかの階よりも面積が小さくなっています。

 

さてこの不思議な形の1・2階部分、どのように使われているのかというと…。

ここ、大きな図書館になっているんです。

広いスペースを生かして開放的な作りになっています。

特徴的な角丸面取りの窓も、幾何学模様に綺麗に並んだ天井も相まって、

明るく洒落た空間になっています。

真ん中の円筒状の場所は、円形のラーニングルームになっていると同時に、

二階へとつながる階段としても使われます。

 

 

2階から1階を見たところ。

吹き抜けの開放感もあり、

勉強も捗りそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして外観から目立つ部分はもう一つ、カーテンウォールになっている部分。

一階から入ってみると、そこはちょうどエントランスホールになっています。

入ってすぐに見えるのは、大きな階段。

実はこの階段、5階から1階まで吹き抜けになっているんです。

 

 上から見ると圧巻!

 各階の踊り場はそれぞれ、

 太くて丈夫なワイヤーで

 しっかりと固定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓から一望できる景色も、

四季折々楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん大学ですから、各階それぞれの部屋の設備も充実しています。

こちらは教室です。

大教室として使うことも、パーテーションで区切って使うこともできます。

 

また、和室などもあります。

異文化交流の盛んな山口県立大学さんならではの施設かもしれませんね。

 

 

4月からたくさんの方々にしっかり使っていただくはずだったこの校舎ですが、

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、

今年度は例年と違うスタートになってしまいました。

 

しかし、毎年必ず桜は咲くように、

毎年毎春この建物のなかで、一人ひとりの学生さん方の生活は始まるはずです。

これから何十年先もこの場所でたくさんの学生さん方を見守り支えながら、

ずっと愛される建物であって欲しいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Entry

     

Category

Archives

PR

このページのトップに戻る